鉄欠乏性貧血の症状と原因についてまとめてみました!

鉄欠乏性貧血の症状や原因について

girl-computer-work-fatigue-office-woman

息切れや疲れが取れにくいなどの諸症状が
頻繁にみられた場合、もしかしたらあなたは
鉄欠乏性貧血かもしれません。

鉄不足によって引き起こされる鉄欠乏性貧血は
貧血全体のおよそ7割を占めるほど多い割合で
診断されます。

なお、鉄欠乏性貧血は下記のような多くの症状が
現れます。

鉄欠乏性貧血の症状

  • 動悸(どうき)や息切れ
  • 疲れやすい
  • 全身の全身の倦怠感(けんたいかん)
  • 胸の痛み
  • 髪が抜けやすい
  • アザがよくできる
  • 冷え性
  • 爪がスプーン状に変形

など。

上記の1つでも該当していたら内科で血液検査を
して診断を受けたほうが良いですよ。

なお、鉄欠乏性貧血の原因については様々なので
以下にまとめてみました。

鉄欠乏性貧血の原因

food-kitchen-cutting-board-cooking

鉄欠乏性貧血を起こすには3つの原因があります。

1、食生活の乱れによる鉄不足

30歳以上の一般女性の1日に必要とする鉄分は通常6.5mgで月経期間の場合は9mgが必要です。

普段から野菜や果物を取り入れていれば通常の6.5mgは補えるようですが、月経期間の9mgを満たすのはなかなか難しいとされています。

また、鉄分は熱に弱いので熱を加えると多くの栄養素が失われるという特徴を持っています。

さらに鉄分は体内への吸収率が悪く、摂取した鉄分のうち実際にはおよそ8%ほどしか取り入れることが出来ません。

 

2、出血による鉄不足

出血と言ってもすり傷などの外的要因や胃潰瘍、大腸ポリープなどの内的要因などもあります。特に内的要因による慢性的な出血は鉄欠乏性貧血の原因としてもっとも多いとされています。

ですので、体のどこかが痛いなどの自覚症状がある場合は早急に内科で診てもらうことが必要です。

また、女性の場合だと生理による出血によっても多くの鉄分を失われてしまいます。そのため、女性のほうが男性よりも鉄欠乏性貧血の症状に悩まされる割合が多いようです。

3、無理なダイエットによる鉄分不足

無理なダイエットをすることによって鉄分不足を招くことがあります。

というのも、体には全部で約4gの鉄があり、2分の3は血液にあって残りは肝臓や脾臓(ひぞう)などで常に蓄えられています。

普段の食事から得られる鉄と蓄えられた鉄とバランスよく捻出されるのが理想なのですが、無理なダイエットによって食事から鉄を得られなくなると蓄えられた鉄のみから捻出されていきます。

蓄えられた鉄まで失われてしまうとあからさまに鉄欠乏性貧血の症状が出てきます。

前途でもお伝えした通り鉄は取り入れにくい栄養素なので、改めて鉄を蓄えようとしても普段の食事では非常に困難になってきます。

その場合は医者と相談の元、鉄剤を服用するなどで治療していく必要が出てきます。

なので、蓄えられた鉄を捻出させるような無理なダイエットは絶対にしないでくださいね。

 

最後に

鉄欠乏性貧血の症状や原因についてここまでご紹介してきました。

鉄欠乏性貧血の原因として3つ目に紹介した無理なダイエットは誰もが経験することだと思います。

鉄欠乏性貧血になってしまうと毎日がすごくツライので生活のクオリティーが極度に下がってしまいます。

今は鉄分を補いながらも1日に必要な栄養素をしっかり補給できるサプリはたくさん出てるので、貧血でお困りでしたら、そういった専用の鉄分サプリを賢くご利用ください。

参照元

サイト名:【鉄分サプリ】冷え症・むくみ・貧血を改善する方法|最新版
URL:http://aromademusic.com/

鉄分サプリメントを上手に活用した鉄分不足対策をまとめている専門サイトです。鉄不足の男性・女性はもちろん、妊娠中の鉄分不足トラブルなども詳しくお伝えしているので、鉄分不足に悩む方には参考になります。