タグ別アーカイブ: 原因

むずむず症候群の症状や原因について絶対に知っておくべき事

夜の睡眠時に足がむずむずしびれるような
不快感で眠れないってことありませんか?

明日には治るだろうと思っても、朝になっても
不快感が消えておらずそのあとずっとその症状に
悩ませれ続けられる・・・。

そのような症状が見られた場合は、
「むずむず症候群」の疑いがあります。

むずむず症候群になってしまうと睡眠時に
足が無性に動かしたくなったり不快感や痛み
といった症状が強く現れます。

なのでまともに睡眠が取れないために
日中の生活に支障を及ぼす結果に陥って
しまいます。

そこで、ここではむずむず症候群の症状や
原因についてご紹介していきます。
●むずむず症候群の主な症状

むずむず症候群の症状について以下のような
経験があるようでしたら疑う必要があります。

・睡眠時に足の奥に違和感を感じて
なかなか眠れず何回も目が覚める。

・夕方あたりから足を無性に動かしたく
なり、しばらく歩いていると治まる。

・足の不快感によって睡眠不足となり
日中の生活に支障をきたしている。

・座っていると足を動かしたくなり、
止めると違和感を感じて足を動かし始めてしまう

・座っている時間が長い電車などの移動時間
でも足を動かさずにはいられなくなってしまう。
以上の症状が1つでも見受けられる場合は
むずむず症候群の疑いがあります。
●むずむず症候群の症状の特徴

前途お伝えした症状を見て分かる通り
その症状には特徴があります。

1、足を無性に動かしたくなる。
足の不快感を表現するにはとても難しいですが
ほてりであったりかゆみ、痛みなど人により様々です。

2、じっとしていると動かしたくなる。
寝ている時や座っている時に症状が現れるのが
特徴的でじっとしていると動かしたくなる衝動が
強まってきます。

3、足を動かすことによって症状が和らぐ
足を叩いたりさすったり歩きまわったりと
足を動かすことによって症状が和らいだり
治まったりします。

4、夕方から夜の間に症状が現れてくる。
症状が現れるタイミングとしては夕方から
夜の間で多く見られ酷くなると昼間にも症状が
みられます。
●むずむず症候群の原因とは?

むずむず症候群の原因は足による直接的な
ものではなく、主に神経によるものとだと
考えられています。

なお、以下の4つの要因も関わっていると
言われています。
1、遺伝性

2、鉄分の不足

3、代謝異常

4、脳内のドーパミン神経物質の異常
遺伝性についてはむずむず症候群は同じ家系の人に
みられることが多いというのが判っていて、それが
DNAレベルにおいてなのか環境が影響しているのかは
まだ研究途中の段階です。

また、3の代謝と4ドーパミンについては2の鉄分不足が
大きく関わっていることも判ってきています。

また、むずむず症候群は鉄分不足に陥りやすい女性に
多くみられる症状なので信憑性もあります。

なので、むずむず症候群の対策として受診のほか
鉄分補給も有効と考えられます。
●症状がつらい場合は病院で診てもらいましょう

むずむず症候群は日本ではまだ認知度は低い
傾向にあるので医師にしっかりと症状を伝える
べきです。

まず、受診をする科は睡眠外来、神経内科、
精神科で診てもらうのが良いです。

皮膚科や内科でも正しく診てもらえる
かもしれませんが誤診されては困りますからね。

あと医師への症状の伝え方についてですが、
「いつから」、「どこが」、「どういう状況で」、
「どのようにして」その症状が起こりそれは
「一時的なものか」、「どのぐらい続いているのか」、
といった感じで整理して伝えると解りやすく
診断できると思いますよ。

めまいや立ちくらみの主な原因は何なのか?改善方法とは?

めまいや立ちくらみの原因についてここでは
お伝えしていきます。

めまいや立ちくらみなどの症状が見られた時、
一般的には鉄不足による貧血が原因とされています。

また、貧血の場合だと主に「鉄欠乏性貧血」と
診断されることが多いです。

貧血については鉄不足が原因とはっきりしているので
しっかり補給することができればほとんどの場合は
改善されていきます。

なお、生活習慣の乱れやストレスによって
引き起こす自律神経による起立性低血圧が
原因の場合もあるのでちゃんと特定させるには
やはり内科へ言って血液検査をするのが確実です。
●鉄欠乏性貧血の原因

貧血のおよそ7割が鉄欠乏性貧血と
診断されるのでめまいや立ちくらみの
症状をもたらすのは鉄欠乏性貧血によるもの
といっていいでしょう。

鉄欠乏性貧血は鉄が不足することによって
引き起こすのですがその要因は以下のように
様々です。
1、出血によるもの
外的な傷によるものと内的要因となる
痔や胃潰瘍などによっても鉄が失われていきます。

また、女性の場合だと生理によっても
失われるので男性よりもめまいや立ちくらみに
悩まされる機会が多くなります。
2、妊娠や授乳期間
妊娠中は胎児へ血液を送るために鉄分を多く
必要とされます。

また、授乳時には母乳に鉄が含まれるので
不足しがちになります。
3、食事管理
お肉や野菜、果物などバランスよく食事を
していれば必要とされる鉄量5.5mgは補えます。

ですが、月経期間だと必要量が9mgと倍近く
増えるため鉄分を意識した食事が必要です。

とはいえ、毎日仕事で忙しい方だとそういった
食事管理が困難なのが現状です。

その理由として顕著なのが鉄は熱に弱く
吸収しづらいという特徴を持っているからです。
●鉄欠乏性貧血の主な症状とは?

鉄欠乏性貧血の症状としてめまいや
立ちくらみが代表的な例ですがほかにも
以下の様々な諸症状が見られます。

・めまい、立ちくらみ

・フラつき

・動悸

・気が遠くなる

・目の前が暗くなる

・気を失って倒れてしまう。

など1つでも該当していれば鉄欠乏性貧血の
疑いがあります。
また、前途でもお伝えしましたが胃潰瘍などの
内的な要因による出血でも上記のような症状が
起こりやすいので体に異変を感じたらすぐに
病院へ行って受診したほうが得策です。

●鉄欠乏性貧血の改善方法

鉄欠乏性貧血を改善させるには以下の2つの
方法が効果的です。
1、鉄分サプリメントを活用する。
鉄欠乏性貧血は鉄分を補えば改善されるわけなので
効率的に鉄を摂取できるように工夫された鉄分サプリは
とても有効です。

どのような工夫がされているかというと、
鉄分サプリには鉄分の吸収を助けるたんぱく質や
ビタミンCが含まれているので効率的に体内へと吸収
されていきます。

さらに、造血のビタミンと言われている
ビタミンB群も豊富に含まれているので
貧血対策にはかなりの効果が期待できます。

ちなみに野菜中心でお肉はあまり食べない方は
このビタミンB群が不足しがちなのでダイエット中の
方には重宝しますよ。
2、病院で血液検査をした後に鉄剤を服用する。

鉄剤は病院で鉄欠乏性貧血と診断されたら
高い確率で処方される薬です。

薬ということもあって鉄の含有量は圧倒的に
多いです。

なので体内を鉄で満たす改善方法としては
一番手っ取り早いと思います。

ですが、その代償として吐き気や下痢といった
副作用が見られることもあるのでそのリスクは
覚悟しておいたほうが良いかもしれません。

とはいえ、注射などでも代用は可能なので
その辺は病院の先生と要相談ということになります。

●最後に

鉄欠乏性貧血の改善方法としては鉄分サプリが
一番リスクが無く手軽に試せそうです。

鉄分サプリはたくさんの商品が発売されているので、
あなたにあった適性のサプリメントをぜひ見つけてください。

そして1日でも早く快適な毎日を取り戻してくださいね。